ミノキシジルとは

a man drinking capsules

ミノキシジルは最初から薄毛治療のために開発されたものではありません。
元々は血圧降下剤として開発されており、高血圧患者の治療を目的としていました。
しかし、その際に副作用として育毛効果が確認され、今ではこうして育毛剤として使用されているのです。

ロゲインにはこのミノキシジルが有効成分として含まれており、AGA治療のために用いられることも多くなっています。
育毛剤には内服薬と外用薬がありますが、内服薬の場合、体内に摂取することからその効果は非常に強くなっています。
しかし、体全体にその効果が行き渡るため、全身の毛に対して育毛効果を発揮してしまい、多毛症という副作用を発症してしまうのです。
それに比べてロゲインの場合は、患部に直接塗る外用薬となっているため、他の毛に対して育毛効果を発揮してしまうことがなく、多毛症による副作用を避けることができるのです。

ミノキシジルには髪の毛の発毛サイクルを正常に戻す効果があります。
薄毛になってしまう原因として、発毛サイクルの乱れというものがあります。
この乱れを正すことで、再び髪が生えるようにサポートしてくれるのです。
ただし、育毛剤として優秀なミノキシジルであっても、使用してすぐにその効果を発揮するわけではありません。
使用し始めてからだいたい4~6ヶ月程度でその効果を実感できると言われていますので、早い段階から効き目がないと決めつけないようにしましょう。